法人沿革・概要HISTORY

役員等の構成OFFICER

理事長 本重 博史
理事(6名) 本重 博史、森 一彦、家室 和宏、袰谷 清幸、田中 博文、東條 秀司
評議員(7名) 林 満康、大友 良治、満田 和徳、皮籠石 郁子、坂元 章洋、松田 典久、井上 謙二
監事(2名) 渡邉 俊爾、西村 信孝
苦情解決第三者委員(3名) 大友 良治、渡邉 俊爾、西村 信孝

法人本部
〒891-1206 鹿児島市皆与志町1779番地

敷地総面積
39,604.52m2(基本財産5件24,301.01m2

概要OVERVIEW

やまびこ医療福祉センター

左右にスクロールできます

施設の種類 医療型障害児入所施設 療養介護事業
監督官庁 鹿児島県鹿児島地域振興局 鹿児島市障害福祉課
開設年月日 昭和61年4月1日
入所定員 190名
職員数 383名
施設の規模 鉄筋コンクリート造陸屋根・合金メッキ鋼板ぶき4階建 12,456.86㎡
医療 医療機関名 やまびこ医療福祉センター
診療科目 整形外科・外科・内科・小児科・リハビリテーション科・歯科
病床数 190床
障害者施設等入院基本料(7対1) 152床
療養病棟 38床
  • 特殊疾患入院施設管理加算
  • 療養環境加算
  • 療養病棟入院基本料1
  • 療養病棟療養環境加算1
  • 強度行動障害入院医療管理加算
  • 入院時食事療養(Ⅰ)
  • 脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 呼吸器リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 外来リハビリテーション診療料(リハ診)
  • CT撮影
  • クラウン・ブリッジ維持管理料

たらちね学園

左右にスクロールできます

施設の種類 児童養護施設
監督官庁 鹿児島県こども課
開設年月日 昭和28年2月1日
入所定員 40名
職員数 29名
施設の規模 鉄筋コンクリート造陸屋根2階建 1,924.78㎡

みなよし療護園

左右にスクロールできます

施設の種類 障害者支援施設
監督官庁 鹿児島市障害福祉課
開設年月日 平成6年4月1日
入所定員 50名
職員数 48名
施設の規模 鉄筋コンクリート造陸屋根3階建て 2,600.75㎡
<!–

ひまわり病院

左右にスクロールできます

施設の種類 公益事業
職員数 85名
施設の規模 敷地総面積1,125.59㎡  鉄筋コンクリート8階建 2,128.79㎡ 付属建物 鉄骨2階建 156.75㎡
診療科目 リハビリテーション科
医療保険事業
  • 回復期リハビリテーション病棟入院料(2)
     上記以外では
     療養病棟入院基本料(Ⅰ)
  • リハビリテーション充実加算
  • 休日リハビリテーション提供体制加算
  • 入院時食事療養(Ⅰ)・特別食管理
<リハビリテーション施設基準>
  • 脳血管疾患等リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 運動器リハビリテーション料(Ⅰ)
  • 集団コミュニケーション療法料
介護保険事業
  • 通所リハビリテーション事業
  • 介護予防通所リハビリテーション事業
  • 居宅療養管理指導事業(みなし)
  • 訪問看護事業(みなし)
  • 介護予防訪問看護事業(みなし)
  • 訪問リハビリテーション事業(みなし)
  • 介護予防訪問リハビリテーション事業(みなし)
その他医療機関認定
  • 生活保護法医療機関
  • 原子爆弾被爆者医療機関
  • 結核予防法医療機関
  • 労災保険医療機関
  • 労災保険二次健診等給付医療機関
  • 特定疾患治療研究事業医療機関
–>

沿革HISTORY

左右にスクロールできます

昭和28年2月 鹿児島市原良町 1,530番地(現在城西三丁目3-1)に虚弱児施設たらちね寮の開設
昭和39年2月 鹿児島市田上1,336番地に肢体不自由児施設やまびこ整肢園開設
定員100名
昭和39年3月 社会福祉法人 向陽会の設置許可
昭和44年4月 やまびこ整肢園の定員を170名に変更
昭和46年10月 やまびこ整肢学園、たらちね学園に改称
昭和54年1月 やまびこ整肢学園 鹿児島市皆与志町1779番地(現地)に新築移転
昭和56年4月 たらちね学園 鹿児島市皆与志町1776番地3(現地)に新築移転
昭和61年4月 重症心身障害児施設やまばと学園定員70名の開設
やまびこ整肢学園の定員を100名に変更
平成3年4月 やまばと学園の定員125名やまびこ整肢学園の定員45名に変更
平成6年4月 身体障害者療護施設みなよし療護園 定員50名の開設
平成7年2月 評議員会の設置、公益事業開始の定款変更認可
平成8年9月 公益事業ひまわり病院(32床)の開設
平成10年4月 やまびこ整肢学園を廃止 重症心身障害児施設に統合
定員170名として名称を「やまびこ医療福祉センター」に改称
児童福祉法の改正により虚弱児施設を児童養護施設へ変更
平成10年10月 重症心身障害児(者)通園事業B型の開始
平成15年7月 やまびこ医療福祉センターの別館・管理棟増築工事竣工
定員を20名増の190名に変更
平成15年10月 重症心身障害児(者)通園事業B型をA型へ変更
平成18年9月 本重尚雄より本重博史に理事長交代
平成20年4月 やまびこ医療福祉センターに院内保育所を新規開設
平成22年4月 みなよし療護園 身体障害者更生援護施設から障害者支援施設へ変更
平成24年4月 やまびこ医療福祉センター:法改正による重症心身障害児施設の廃止のため
重症心身障害児施設 → 障害児入所施設 および 障害福祉サービス事業へ変更
デイサポート通所やまびこ開始
発達サポート児童デイやまびこ開始
平成24年6月 相談ステーションやまびこ開始
平成25年4月 みなよし療護園:障害者総合支援法施行
平成25年5月 やまびこ医療福祉センター新館竣工
施設開設60周年及び法人設立50周年記念式典開催
平成27年4月 やまびこ医療福祉センター:発達サポート児童デイやまびこにおいて放課後等デイサービスを開始
平成29年4月 改正社会福祉法により、新理事及び新評議員(議決機関)を選任