施設概要FACILITY ABOUT

運営方針

児童福祉法に基づく児童福祉施設であり、入所した児童をはじめとして、家族などへ支援する施設です。

施設の目的

適切な家庭環境に恵まれないなどの児童を入所させて、これを児童の最善の利益を前提として、心身ともに健やかに育成することとし、あわせてその自立を支援することを目的とする施設です。

基本理念

かけがえのない存在である子どもたちにとって、「養育の営みの場」「育ちの場」である児童養護施設は、安心と安全を保障し、人権の擁護に努め、社会で生きる力を育みます。そして、当然の責務として子どもにとっても「最善の利益」を追究し、自立への支援を行います。

基本方針

  1. 子どもたちの声に丁寧に耳を傾け、安心で依存できる大人との関わりを大切にします。
  2. スポーツや文化芸術活動など、一般的な社会参加の機会を通して、心身の健康的な成長の促進、協調性や耐性、そして心豊かな成長を支援します。
  3. 家庭復帰後の生活や自立した社会生活を営むために、基本的生活習慣の獲得と温かみを感じる生活を提供します。
  4. 児童の権利擁護に努め、子ども自らには、社会的責任感が育つ機会を支援します。
  5. 進学や就職のために、個々の能力が高まるよう、学習支援を行います。

入所児童

定員40名

職員配置

職員定数 25名 (現員 29名)

平成30年4 月 現在

施設長 1
保育士 5
児童指導員 7
臨床心理士 1
家庭支援専門相談員 2
里親支援専門相談員 1
職業指導員 1
個別対応職員 1
特別指導員 1
栄養士 1
調理員 5
事務員 2
嘱託医 1
合計 29名

概要

施設の種類 児童養護施設
監督官庁 鹿児島県くらし保健福祉部子ども家庭課
開設年月日 昭和28年2月1日
入所定員 40名
職員数 29名
施設の規模 鉄筋コンクリート造陸屋根2階建 1,924.78㎡